茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

石岡一高、勝利を逃す

2019年03月26日

 春の高校野球全国大会に21世紀枠で選ばれた、茨城県立石岡一高は
昨日の第2試合で岩手県代表の盛岡大学附属高校と対戦し、残念ながら
3-2でサヨナラ負けとなりました。

 私は延長戦に入るまでテレビ観戦をしていました。虎の子の1点をしぶと
く守り、9回表に1点を追加して2-0になったときは、「勝てる」と思っ
たのですが「甲子園には魔物が住んでいる」との言葉が現実になりました。

 しかし、エースの岩本投手を中心に健闘したことは間違いありません。
相手の盛岡大学附属高校は、岩手県内ではあの花巻東高校と競い合うチーム
で全国的に見ても強豪高校の1つと言えるからです。

 そのチームを9回裏2死まで追い詰めたのですから、そこは評価して夏の
大会での活躍に期待をしたいと思います。

 エースの岩本投手はこの試合でも最速144kmを記録するストレートを
武器に、コントロールも良く安定したピッチングでした。さすがプロも注目
する投手だけのことはあります。

 私は絶体絶命のピンチで「チェンジアップ」を投げて三振に打ち取った
場面が印象的でした。あのピンチでストレートではなく、三振を狙って取り
に変化球をドンピシャで投げた度胸が素晴らしいと思いました。

 今回は21世紀枠で春夏を通じて初の甲子園出場となりましたが、夏は
県内の各強豪高校を撃破して優勝し、再度甲子園行きのキップ獲得して欲し
いですね。

 

 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ