茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

村田諒太、惜しくも敗戦!

2022年04月12日

4月9日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催されたボクシングの世界
ボクシングミドル級統一戦で、村田選手はゴロフキン選手に9回TKOで敗
れました。

「最強のミドル級ボクサー」との称号もあるゴロフキン選手を相手に村田選
手は序盤から積極的に攻め、私は「もしかしたら勝てるかも?」と本気で期
待しました。

しかし、5ラウンドあたりからゴロフキン選手の的確なパンチが村田選手に
当たりだし、戦況はゴロフキン選手に傾いていったのです。

それでも村田選手は果敢に打ち返し、目の離せない戦いが続いたのですが、
9ラウンドのゴロフキン選手の右フックで村田選手がダウン。ここで決着が
つきました。

村田選手はロンドンオリンピックのミドル級で金メダルを獲得。鳴り物入り
でプロ入りしてチャンピオンになりましたが、ここ2年半はコロナ禍で試合
から遠ざか
ってしまったのが気の毒でした。

しかし、本人が目標としていたゴロフキン選手と日本での試合が実現できた
ことで村田選手も満足できたのではないでしょうか。

また、読書家の村田選手が哲学者(ニーチェか誰か忘れました・・)の言葉
で「自分がコントロールできないものには悩まない」という内容を紹介して
いたことがあり、私もそれを参考にしています。

村田選手してみれば対戦相手に対する不安があっても「相手がどんな戦法で
来るか、何を狙ってくるかは考えてもどうにもならない(分らない)。だか
ら自分がやれることをしっかりやって試合に臨む」という解釈のようです。

私自身は「コロナでジムの経営が行き詰まっても、コロナをコントロールす
るのは不可能なのだから、自分がやれることを確実にやり続ける」と考える
ようにしています。

村田選手は今後について明言は避けましたが、たぶん引退すると思います。
9年間のプロ生活、お疲れ様でした!

お問い合わせはこちらから
ページトップ