茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

夢の世界ミドル級戦

2021年11月18日

 かねて話題になっていた村田諒太(帝拳ジム)とIBF王者である
ゴロフキン(カザフスタン)の対決が、12月29日に埼玉スーパー
アリーナで実現することになりました。

 これはボクシング史上最大のビックマッチです。そう言っても間違
いありません。ボクシングファンからすれば「あのゴロフキンが日本
で、しかも村田と試合をやるなんて信じられない!」という感想のは
ずです。

 ゴロフキンは41勝36KO1敗1分けの成績ですが、その負けと
引き分けは、強豪サウル・アルバレス選手とのものですが見方によっ
てはいずれもゴロフキンが勝ったとも言われています。

 そのパンチ力とテクニックはずば抜けている選手です。ただ、39
歳という年齢からピークは過ぎていると見られており、そこに村田選
手がつけいる隙があるのでは?と期待をされています。

 しかし、一方の村田選手も35歳になり、そのうえコロナの影響も
あって2年間試合をしていません。そのあたりの不安はぬぐえないの
です。

 ただ、村田選手がこの世紀の一戦に向けて並々ならぬ意気込みでい
るのは当然ですし、両選手のファイトスタイルからも序盤から激しい
打ち合いが期待できそうです。

 私の個人的な希望としては村田選手に「玉砕覚悟、負けたら引退」
のつもりで悔いのないように力を出し切って欲しいですね。

お問い合わせはこちらから
ページトップ