茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

短距離でも世界レベルへ

2021年06月30日

 先日開催された日本陸上選手権の男子110mハードルで驚異的な記録
が生まれました。泉谷駿介’選手(順大 19歳)が13秒06の日本新記録
で優勝。

 しかも、この記録は今年の世界第3位にランキングされる好記録。リオ
のオリンピ
ックでは銀メダル相当の記録(しかも金メダルとは0秒01差)
だそうです。これは素晴らしいです!

 この背景にはこの競技に有望な選手が次々と現れ、大会ごとにその記録
が更新されていったことがあるようです。この決勝には2着の金井大旺選手、
3着の高山峻野選手、さらに予選で参加標準記録を突破して決勝に進出した
村竹ラシッド選手らがライバルとしてスタートラインに立ちました
(残念な
ら村上選手は決勝のスタートで失格)。

 こうした好敵手(ライバル)の存在は好記録の誕生には欠かせないもの
のようです。同じ日本選手権で行われた男子100m決勝でも4人の9秒
台の記録を持つ選手らを抑えて、多田選手が1位となりオリンピック出場
を決めました。

 ライバル同士が切磋琢磨してさらなる上を目指す・・・これはどの世界
でも人々を引きつけますよね。今後はそんな視点からもスポーツを楽しん
でいきたいと思います。

 


 

お問い合わせはこちらから
ページトップ