茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

リンゴ狩りの思いで

2020年10月28日

 このところ秋晴れの良い天気が続いています。先日、次女が奥久慈で
リンゴ狩りをしてきたとのことで、密がたっぷりのリンゴを届けてくれ
ました。

 私には24年ほど前のリンゴ狩りの思い出があります。当時は出向先
の東京都小平市に住んでいたので、関越道を北上して群馬、新潟への旅
をしたときのことでした。

 時期がちょうど今と同じ頃で、その日も最高の秋晴れでした。私達家族
(小1と幼稚園児の娘二人を含む)は、群馬県の猿ヶ京温泉近くにてリン
ゴ狩りをしたのです。まず、リンゴ園のご主人から説明を受けました。

 今、最も旬で美味しいのは2種類あり、「つがる」と「あかぎ」です。
 味見をしてから、どちらかのリンゴ畑に入って穫ってください。

 そこで私達はカットしてあるリンゴの味見をしたのです。そして「ど
っちにしょうね」と家族会議を行い、「あかぎ」にしようということに
なったのです。このとき、私は「つがる」は

 ははあーん、リンゴといえば青森県だから、そこの品種で「つがる」
 だな。聞いたことあるな。

と理解しました。一方で「あかぎ」は

 あまり聞いたことないけど、ここは群馬県だから群馬の山といえば
 「赤城山」だからその名から「あかぎ」という品種なんだな。

と理解していたのです。ところが・・・ご主人から「どちにします?」
と尋ねられた私の妻はニコニコしながら

  みやぎにします。

と平然と言ってのけたのです。凍りつく私と首をかしげるご主人・・・
妻はリンゴの品種と赤城山及び群馬県との関係が理解できてなく、似た
響きの「宮城県」が思い浮かんだのでしょう。

 リンゴ狩りの話題になると、いつもこのときの妻の「みやぎにします」
を思い出す私です。

 


 

お問い合わせはこちらから
ページトップ