茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

ノンフィクション

2020年07月03日

 最近は、映画も本もノンフィクションにこだわっています。
 先日ご紹介した映画チア・ダンも実際にあった話を題材にした
映画です(ただ、脚色してあるので純粋なノンフィクション作品
とは言えないようです)。

 今回ご紹介するのはノンフィクション作家の門田隆将さんの
「蒼海に消ゆ」という作品です。日系2世としてアメリカで生ま
れ育った若者が、第二次世界大戦において特攻隊員としてアメリ
カの戦艦に突入し戦士した・・・その若者、松藤大治を描いてい
います。

 彼は中学校から親戚の住む日本において教育を受け、二つの祖
国の狭間で成長しつつ、戦争に巻き込まれていきます。しかし、
彼は招集されても、特攻隊員に指名されても迷うことなく、
「日本とその国民を守るため」の一心でアメリカの戦艦に向かっ
て突入して散ったのです。

 生き残った当時の戦友の話では「誰も皆そう思っていた、だか
ら死ぬのが怖いと思ったことはなかった」とのことでした。それ
を聞くと、その時代に生きた人々(私の両親も含む)の心中を察
することができます。

 私の父も少年飛行兵として土浦の予科練に通っていたので、戦
争が長引けば、特攻隊員になる可能性があったそうです。

 この本のようにノンフィクションの作品は、それが実際に起き
たことだけに、やはり重みを感じます。しばらくはそうした作品
に触れていきたいと思います。
 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ