茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

プロ野球ベストナイン(NO.2)

2020年05月03日

 昨日から一気に気温が上がり、ほぼ真夏と同じ30℃前後に・・・
 こんな中でビール片手にプロ野球のナイター観戦は最高なのですが、
開幕すらしていない状況には参ります。

 さて、前回に引き続き、サンデースポーツ2020が企画して投票を
呼びかけた「プロ野球ベストナインの昭和版」について触れたいと思い
ます(前回は私が選んだ「平成版」でした)。そして今夜、その結果が
放送される予定です。

 先発投手  江川卓(ジャイアンツ)
 中継ぎ投手 鹿取義隆( 〃   )
 抑え投手  江夏豊(カープ)
 捕手    野村克也(ホークス)
 ファースト 王貞治(ジャイアンツ)
 セカンド  篠塚和典(  〃   )
 サード   長嶋茂雄(  〃   )
 ショート  高橋慶彦(カープ) 
 レフト   張本勲(東映フライヤーズほか)
 センター  福本豊(ブレーブス)
 ライト   箕田浩二(  〃  )
 DH    ラルフ・ブライアント(バッファローズ)

 こんな感じですが、プロ野球ファンの方はいかがしょうか?
 迷ったのは中継ぎ投手です。昭和の頃はホールドのタイトルもまだ
 存在していなかったと思うのです。
 
 そこでイメージ的にリリーフで良い仕事をした印象が強い鹿取投手
を選びました。こうしてみると昭和版ではジャイアンツの選手が多い
ようです。

 これは私自身が幼少の頃はジャイアンツファンで、次第に「プロ野
球」ファンになっていったことの表われのような気がします。

 ショートの高橋慶彦選手は未だに破られていない33試合連続ヒット
の記録をもっている走攻守に優れた選手でした。

 また、レフトの箕田選手はトリプルスリーも達成した選手で、彼も
抜群の外野守備を誇る選手でした。このあたりの選考は「渋い!」と
言われるかもしれませんね。

 さあ、最もプロ野球ファンの支持を集めるベストナインは、どんな
顔ぶれになるのか、今夜の放送がとても楽しみです。


 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ