茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

K1の熱戦

2020年04月27日

 今はこういう状況なので、自宅にいて過去のボクシングの名試合
などをYouTubeで見たりしていますが、たまたま見つけたK1の
試合の1つがとても熱いファイトで引きつけられました。

 それはマイク・ベルナルド選手とレイ・セフォー選手の初対戦の
試合です。どちらもボクシングとキックボクシングの経験者です。

特にマイク・ベルナルド選手はマイナーなタイトルとはいえ、ボク
シングのヘビー級のチャンピオンになったこともあります(写真の
黒いトランクスがベルナルド選手、手前の青いトランクスがセフォー
選手)。

 私は「南海の黒豹」と呼ばれたレイ・セフォー選手が好きでした。
激しい打ち合いになるとニヤリとして「さあ、もっと打てよ・・・」
みたいな仕草をみせ、時にはノーガードで相手を誘います。

 見ていてとてもワクワクする選手でした。そんなレイ・セフォー
選手とマイク・ベルナルド選手がものすごい打ち合いをするのです。
特に第2Rと3Rの打ち合いが見事!

 最初はマイク・ベルナルド選手がダウンを奪うのですが、レイ・
セフォー選手が2つのダウンを奪い返します。ヘビー級ですから
その迫力が何ともすさまじいのです。

 K1が当時、あの紅白歌合戦を上回る視聴率をはじき出すほどの
人気だった理由が分るような素晴らしい試合です。
 また、試合中でもお互いにその力を認め合うようなグローブタッ
チをするところに、格闘家同士の熱き思いを感じます。

 K1に思い入れのある方は、是非ご覧下さい。十分、その価値は
あるのでお勧めします(K1ワールドグランプリ2002年in
名古屋の試合)。

お問い合わせはこちらから
ページトップ