茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

ソフトバンクホークス、日本一

2019年10月25日

 あっという間にプロ野球の日本シリーズが終わってしまいました。
 ソフトバンクホークスが巨人に4連勝でした。ホークスは強かったですね。
 戦前の予想どおり、いやそれ以上に圧倒的な実力差があったように思います。

 今年のジャイアンツのシーズン中を含めた戦い方を見ると原監督の「イチか
バチか」の采配が目立ったように思うのです。若手、外人を調子の良いものから
使っていく。

 それがはまれば「見事な采配」ですが、起用された選手もたまたま良い結果を
出しても、1シーズンで見るとその成績はさほどでもなかったようです。

 一方のホークスは若手、中堅、ベテラン、外国人が投手陣も野手陣も起用された
場面で見事にその期待に応えていました。簡単に言えば層の厚さの違いですが、
経験に裏付けられた分析などにも優れていたのだと思います。

 私が一番注目し、他球団も見習うべきだと感じたのは育成出身選手の活躍です。
 投手陣ではエースの千賀投手、石川投手、モイネロ投手、野手陣では甲斐選手、
牧原選手です。彼らは3軍から鍛え上げられて戦力となった選手達です。

 お金を掛けて獲得した外国人やFAで取った選手に多大な期待をかけるのでは
なく、育成に力を入れて中心選手として育て上げ、強いチームをつくる。
 これからはそれが安定した戦力につながると私は確信しているのですが・・・

 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ