茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

マラソンの指導者

2019年04月26日

 先日、マラソンの有森裕子選手や高橋尚子選手を育てた小出義雄監督
が亡くなりました。80歳でした。マラソン大好きオヤジの私としては、
やはり注目をせざる得ない監督さんでした。

 あの髭面と「Qちゃん、いいよ、いいよ」と選手を褒めちぎりながら
指導するスタイルは独特でしたが、選手の才能を引き出し開花させた手腕
は素晴らしかったと思います。

 また、自称「お酒大好きオジさん」だった小出監督はとても親しみやすく
好感が持てました。あのシドニーオリンピックで高橋尚子選手が金メダルを

獲得した際には、20km付近で金メダルを確信し、何とそこからビールを
飲み始めていたそうです。そしてインタビュー時の様子は、赤い顔した上機嫌
の普通のオッサンという感じでした。

 小出監督が亡くなった関係のニュースでは、有森選手と高橋選手を育てたと
ころに注目が行きがちですが、もう一人、小出監督が育てた金メダリストがいる
のをご存知ですか?

 世界陸上(アテネ大会?)で金メダリストになったリクルートの鈴木博美選手
です。このときの鈴木選手はゴールしてもぴんぴんしていてまだまだ余力がある
のでは?と思うほど元気でした。

 有森選手が2大会連続のメダルを取った後だっただけに、「さらに強い選手を
小出監督が育成しているんだな」と感じた記憶があります。 

 きっと小出監督は東京オリンピックでも日本の女子選手がメダルを獲れること
を願っていたのではないでしょうか。良き指導者と巡り会った選手が素晴らしい
結果を残してくれることを期待したいですね。

 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ