茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

東京マラソンの結果とMGC

2019年03月08日

 3月3日(日)に行われた東京マラソンは、低温で終始雨が降る中の
悪コンディションでのレースとなり、その結果もやや意外なものとなり
ました。

 トップ争いの候補とされていた大迫選手は低体温?になったのか震え
ながらの途中リタイアとなり、さらに佐藤選手、中村選手なども途中で
先頭争いから遅れ、10位以下と良い結果を残せませんでした。

 そんな中で日本人1位となったのが中央大学の4年生の堀尾選手でし
た。初マラソンを2時間10分台で5位になり、学生として初のMGC
出場権を獲得したのです。

 全くのノーマークの選手だったようですが、今年1月の箱根駅伝でも
走っていたのを何となく覚えています。長身で黒縁めがねという長距離
走の選手には珍しい姿だったからでしょうか?

 堀尾選手の他にも注目されていた「山の神」神野大地選手も日本人3位
(?)となって、MGCの出場権を獲得することができました。

 これで9月15日に東京で開催されるMGC(マラソングランドチャン
ピオンシップ)に出場資格を持つ選手が男子は28名になりました。 

 このMGCでは、東京オリンピックのマラソン選手が2名決定します。
 簡単に言えば「一発勝負で2名決める」ことになり、日本では初の試み
となり大変注目されています。

 この制度が導入されてから、多くの選手が好タイムを記録するようにな
ったので、今のところ成功と言える取り組みだと思います。

 一発勝負でマラソンの代表が決まるわけですから、これはとても楽しみ
です。きっと終盤まで各選手の熱い戦いが繰り広げられることでしょう。

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ