茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

具志堅用高と愛弟子 

2017年12月07日

 読売新聞の「時代の証言者」というコーナーで、具志堅用高選手の言葉
が掲載されていました。私の知人が30回に渡る連載の記事を切り抜いて、
わざわざ届けてくれたのです。本当にありがたい話です。

 その方は、私が具志堅選手に憧れてボクシングを始めたことを知り、何日
も遡って記事を集めてくれたようです。具志堅選手について知らなかった部分
が明らかになり、貴重な資料となりました。

 特に今年5月にチャンピオンになった愛弟子の比嘉大吾選手については、
私も関心があるだけにとても興味深く読みました。彼を沖縄の宮古島に訪ね
て初めて見た印象は「荒削りだがパワーと動きの良さ」が光っていたそうです。

 その比嘉選手はめきめき上達し、12戦12勝12KOと完璧な戦績で
世界に挑戦し、見事6ラウンドTKO勝ちでチャンピオンになったのです。

 具志堅選手の言葉で意外だったのは「比嘉選手が世界王者になれなかった
ら、ジムを畳もうと思っていた」というものでした。「ジム経営は簡単では
なく、費用もかかるから」ということらしいのです。

 「あの具志堅選手でさえもジムの経営は大変だったのか」とその難しさを
改めて実感しました。私のジムと比べたら、その規模と目指すところのレベル
の差はかなり大きいですが・・・。

 その比嘉大吾選手はその将来性が期待されています。私自身もかなり強く
なれると感じているので、今後どこまで注目される選手に成長していくかが
とても楽しみです。

 何よりも会長である具志堅選手と同じようなファイティング・スピリッツ
が素晴らしいと高く評価しています。比嘉大吾選手そして具志堅会長を今後
も応援していきます。

 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ