茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

山中選手、13度防衛ならず

2017年08月24日

 8月15日に開催された世界タイトルマッチで、山中慎介選手はメキシコの
ネリ選手に4RTKO負けとなり、具志堅用高選手に並ぶ連続13回の防衛は
達成できませんでした。

 強敵と見られていたネリ選手は、4Rに山中選手のゴッドレフト「神の左」を
交わすやいなや、左右のフックなどで襲いかかり、山中選手を防戦一方に追いやっ
たところで山中陣営からタオルが投げ込まれ、ストップになったのでした。

 そのストップについて「早すぎる」との声もありましたが、私は妥当だと受け止め
ていました。あのまま続けていれば致命的なパンチを食らう恐れがあると瞬時に感じた
からだと思います。

 試合後、リング上では大粒の涙を流していた山中選手も、翌日の記者会見では言い訳
もせず、素直に敗戦を認めていました。今後の進退については明言を避けましたが、
私は引退ではないかと見ています。

 ところが、今日の午前中になって「ネリ選手がドーピング検査で陽性反応!」という
ニュースが流れたのです。これが本当だとすると、先日の試合は無効試合となり、山中
選手のタイトルはそのままになる可能性が出てきたのです。

 今後の成り行きが注目されます。はたしてどうなるか・・・。



 

 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ