茨城県ひたちなか市のボクシングジム「STRAIGHT ボクシング クラブ」1回わずか39分!仕事帰りにストレス解消!ボクシングで健康・体力づくりを始めませんか?

会員募集中!初心者歓迎!まずはお気軽にご連絡ください!

029-229-3182

お問い合わせフォーム
STAFF BLOG

最速の投手

2016年12月02日

 先日のブログで「最も期待するスポーツ選手」として大谷翔平選手を
挙げたのですが、その大谷選手で注目されたのが「165km」という
日本最高速度のストレートを投げたことです。

 しかし、このときの大谷選手はヒットにこそなりませんでしたが、打者
に当てられているのです。また、ファウルも打たれています。

 このとき言われたのが「速度があるだけでは打たれてしまう。ホップ
する(いわゆる高めに伸びる)球を投げないと」ということです。

 その話から話題になったのは「では、最も速度がありホップする球を
投げたのは誰か?」ということです。そして名前が挙がったのが、写真
の伝説の速球投手、山口高志投手(阪急ブレーブス)です。

 今、彼の本を読んでいるところですが、彼は阪急ブレーブスの全盛時代
に活躍した投手です。私が中学生の頃でしたが、身長がプロの投手として
は低い169cmでありながら、ものすごい速球を投げていました。

 また、そのフォームが実にダイナミックで、まさしく真上から投げ下ろす
感じでした。そして、ほとんどがストレートでした(たまにカーブ)。

 高校時代からの肩の酷使がたたり、プロ生活8年のうち実働がわずか4年と
「太く短く」という言葉そのものだったようです。しかし「記録より記憶に残る」
名投手と言っていいと思います。

 なぜ、彼のピッチングを鮮明に覚えているかというと・・。日本シリーズ
で対戦した読売ジャイアンツが彼の速球に手も足も出なかったからです。
 
 野球好きの方には、ぜひ「山口高志」投手の当時の映像を見てほしいと思
います。ちなみに彼の最も速度が出ていたのは大学時代(関西大学)と言わ
れていますが、当時はスピードガンがありませんでした。

 しかし、多くの目撃者(プロ・アマ問わず)が「間違いなく160km」
は出ていたと証言しているのです。まさに伝説の投手ですね。

 

 

 

お問い合わせはこちらから
ページトップ